人気ブログランキング |

ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 02日

ワゴンRのマフラーが詰まる

d0049290_1240563.jpg

d0049290_1240166.jpg



車検で入庫のCT21S(ワゴンR)です。Snap-onの工具箱入れたからってフェラーリやBMWが入庫するわけではありません。お預かりして乗ってくるときに変な音がします。「はは~ん。エキマニにヒビが入っているかエキマニのボルトが緩んでるな~。エキマニの中古見つけないといけないのかなぁ?。」って思いながら乗って来ました。この型のワゴンRも最近見なくなりましたね~。この車に(てか、古いスズキに)お乗りの方はユーザー車検ずっとやってるとロアーアームのジョイントが走行中に抜けてその結果、死ぬか、殺すかの状態になるから気をつけてくださいね。マジに。(怖)

で、車検です。車検自体は問題なく終わったんだけど、そのエキマニからの異音を直さないといけないです。バンパーはずしてエキマニと触媒の遮熱板取ってはずして点検。(遮熱板の10ミリのボルト、一個Neprosの6角ソケットでナメて回らなかったけどリカバリー工具でクリア)エキマニのボルトも緩んでなければ、ヒビも入っていません。触媒もこれといって異常なし。んじゃ、なんで?。どっから排気が漏れるの?。ってよーく見てみると。

エンジン吹かすと、その音と共に触媒から連結してる中間パイプのスプリング付きのボルト2本ありますけど、そのスプリングが動いて排気漏れしてます!!。「えー!?まさかマフラー詰まってんのぉ?!。」過去には触媒が破損してそれが原因でマフラーが詰まってエンジン始動不能ってのがありましたけど、あれはたしか「カルタス」だったよな。さっき見たけど、触媒正常だったから他に詰まる原因が思い浮かびません。で、中間パイプはずしてインプットの方から水いれてみたら反対から全然出ません。完全に詰まってますぅ~。

とりあえず、解体屋さんに行って中古部品買ってきてポン付けで修理は終わりましたけど、何が詰まっていたのか原因究明しないと気がすみません。ガスで切ってみたらサイレンサーが腐って取れてそれが排気の力で出口に押し付けられていました。寸分の隙間もなく。かろうじてサイレンサー部分に数カ所穴が開いていたのと、付け根の部分からの排気でエンジンがかかっていた模様。マフラー詰まってエンジン掛からないのって、バイクでも車でも忘れててこれがはまるんだよね~。(笑)お客さんにもエンジン静かになったので喜んでいただけました。滅多にないかもしれませんけど一応ご参考までに。

by rabbit_jun | 2011-11-02 12:40 | 整備


<< 柳川川下り      Snap-onのツールストレー... >>