ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 29日

CCAが異常に高い時は注意

d0049290_17423040.jpg


平成22年式のエブリィ(DA64W)が車検で入庫でした。

これといって不具合もなく良好でした。バッテリーを点検。ウチは日立のCCA測定のヤツ(充電制御車対応)使ってます。「もーそろそろ弱ってる頃だよなー?。」みたいな事考えながら数秒待つと結果が出ます。その結果にびっくり。SOH(健全性)が100%です!。そんなバカな。一度も交換してないし。

規格値が270CCAで現状は269CCA。どう考えてもおかしいです。経験上では5年経つと大体、パーセンテージで言うと10%から30%くらいの値を示すのが多いです。まさみさんの整備ブログをいつも読んでますけど、先日、まさにこれといった記事が書いてあったのを思い出しました。古いバッテリーで異常に高いCCAのバッテリーはおかしいという事です。詳しいことは書きませんけど、バッテリー内部で異常な事が起こってるというわけです。ある日突然、うんともすんとも言わなくなるという事です。

お客さんに電話。これこれこういうわけでと。まね、バッテリー替えなくても車検には問題なく通るのですから交換するときは一応お電話してお伺いを立てます。今現在では問題なくパンパンかかるので説明も大変なんですけどね。(苦笑)これを言わないで、納車して明日にでも出先でエンジンかからなくなるとお客様に怒られますから。それを回避する意味でもちゃんと伝えとかないと。

昔のバッテリーみたいに少しづつ弱くなっていくんじゃなくて、今のバッテリーは本当にさっきまで平気だったのに突然ダメになりますからね。で、このDA64WとかMH22Sとかは充電制御車のリストには出てこないけどしっかり充電制御車なのでちゃんとそれ対応のヤツ、つけないと近い将来(2.3年先?)にバッテリー上がりで信頼を損ねちゃいますよ。お気をつけて。
[PR]

by rabbit_jun | 2015-01-29 17:41 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 21日

アクティー(HA7)のアクセルワイヤー交換

d0049290_18175732.jpg


HONDA HA7 アクティーのアクセルが引っかかる感じがするって事で入庫でした。これはよくあります。40kmくらいとかで走ってて加速したい時に右足がスムーズに動かなくてなんだかカクッて感じでアクセルのフィーリングが悪いです。アクセルワイヤー交換で解消します。

よくあると言っといて初めて作業するような感じ。覚えがありません。(笑)30分位で終わるかなと思って始めたらめちゃ時間かかりました。

下から見た写真。矢印のところのワイヤー停めてあるステー。外すのはスパナで簡単です。あ、手持ちのメガネレンチではダメ。スパナしかかかりませんでした。真下にほんの僅かな隙間。かろうじて指がはいるくらいで水の通る硬いパイプ3本が邪魔で邪魔で。めちゃくちゃ苦労しました。あ、取り付けの話しね。

整備士歴30年。ホントに一番か2番目くらいの難関でしたな。ある方法に気づくまでは。ひとつの小さなボルトはめるのに20分異常粘りました。もう、時間工賃なんて度外視。このネジをちゃんとつけないと気が済みません。諦めません。


以下が方法です。少し長めのプラスネジに交換して、(コレ大事)下からこうやってマイナスをぶち込み、そして広げます。固いからもうこのくらいが限界な感じ。その隙間からプラスのドライバーでねじ込んで下さい。一発です。(笑)いままでの苦労はなんだったのって感じ。もしも貴方がこの作業やるって時はこの記事を思い出して、最初からこうやってください。絶対後悔させません。

で、その後、この後ろの方のブラケットの話し。プロペラシャフトはずして、ガソリンタンクの後ろのネジ外して下にガッとタンクを降ろさないと絶対にアクセス出来ません。どうなってんの?。ホンダ。もうここは他のワイヤーにタイラップで結びつけましたわ。で、古いワイヤーはカット。間違って今つけたばかりの新品を切らないように注意。(笑)

以上です。肩凝ります。
[PR]

by rabbit_jun | 2015-01-21 18:18 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 12日

白霧島

今や全国区になった「霧島」の新商品。まだ未発売の白霧島。なんか調べたら今までの霧島に白という名前を付けただけみたい。


d0049290_1153334.jpg

[PR]

by rabbit_jun | 2015-01-12 11:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)