ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 06日

オイル切れで焼き付き

d0049290_1858437.jpg

HA7にお乗りのお客様が車が走ってて突然停まったって事で行きました。現場でセル回してみましたけどなんだかタイミングベルト切ってる(ような)感じでした。工場に帰ってばらしてみたらなんとカムのプーリーが割れていました。ベルトは切れていませんでした。原因はオイル切れによる焼き付きです。数日前からオイルランプが時々点滅していたそうです。(^^;;オイル管理も悪いです。「オイル交換をしてください。」って散々お願いしてもしない人はやっぱりしませんね。

オイルはほんのちょっとしか入っていない状態でした。クランクメタルとかをやらなかったのでそれだけが救いでしたけど、ヘッドassy交換になります。ベルト切った際のバルブ交換よりもお客さんの負担は増えますがこっちの方がしごとも早く終わります。しかし、中古ヘッドといっても結構値段に幅がありますね。2万円くらいは変わったりします。ヘッドの色を見て今までのオイル管理をだいたい予想しますけど、送ってきたヘッドは綺麗なヘッドで安心して交換できます。シックネスゲージでバルブクリアランスを調整してオイルシール等も交換して修理完了しました。

しかし、タイミングベルトも相当強いですね。プーリーが割れるのですから。以前、プーリーのスピルのシャフト側が削れた事例がありましたけど、今回みたいにプーリーが割れたのは始めての事例でした。これもスピルのシャフト側は壊れていますね。
[PR]

by rabbit_jun | 2009-06-06 18:58 | 整備 | Trackback | Comments(2)
2009年 06月 04日

番外編 その2

d0049290_2155495.jpg


d0049290_21552852.jpg


球磨川第一橋梁に来たのも通過時刻の約2時間前でした。始めて来る場所でどの辺りにしようか結構迷いましたけど、えっちらえっちら坂を登ってフェンスの無い高い場所に三脚をセット。少し高所恐怖症なんですけどね。最初は踏切を通過するところを撮りたかったんだけど、黄色の矢印のカメラマン。緑の矢印のそのカメラマンの車。(もう少しひっこんだところに停めてくれ)があったので却下。私がほぼ一番乗りだったので「そこに入らないでくれ!」と言えばそれまでかもしれませんけど、こんな高い所にいてそれはないだろうし、この踏切の場所は毎回カメラマンが並ぶ場所らしくて私の一声でケンカになるかもしれないのでやっぱし言わないでよかったな。(ホントは言えない..(笑))

この日は割と少なかったらしくて多い日は奥のフェンス付きの階段にもずらーっと三脚が並ぶそうです。散歩したり、他の人に話しかけたり、iPod聴いたり、立ちションしたりして時間をつぶしました。

いよいよ警報機がなり遮断機が下りてSLがやってきます。と、下の方で大きな声がします。どうやら下の踏切のカメラマンのまん前に軽自動車が停車した模様です。フフフフ..、私はこうなることを少し予想してたけどまさか現実になるなんて...。(^^;;普通の人はまさかこのオジサンたちがSLを撮るために2時間も待っているなんて信じられないというよりも、自分の行為がどれだけ迷惑なのか全然わからないでしょう。もう「どけ〜!。」とか言って茶色いシャツのおじさんが絶叫してます。手で後に下がるように合図してましたけど運転手は意味がわからない様子。で、やっと意味が通じたみたいで少しバックされました。茶色のおじさんは安心してファインダー覗いてます。けど、そしたら左の青いシャツのオジサンはたまったモンじゃありません。「こっちの坂を登れ〜!。」って手招きして言っているようです。そうすっととっても困ったのは赤い帽子の青年です。「う、うう〜〜...。僕はどちたらいいの?。」って思ったか、はたまた「ええ〜、そんな..。困るよ。。いまさら構図を変えられるわけないじゃないか。おまけに僕のは400mmだからそこに停まっとけばイイんだよ。」って思ったかは分かりませんけど、ま、大体こんな感じでしょう。

この後、赤い帽子の青年がどんな行動をとったのかとても気になりますが、私もSLを撮らないといけないので見ていません。今度行ったらぜひこの踏切の場所で撮りたいです。って、またこの赤帽の青年がいたら笑っちゃうよな。(^^)

おわり。
[PR]

by rabbit_jun | 2009-06-04 21:55 | 日記 | Trackback | Comments(6)
2009年 06月 04日

SL撮影 番外編 

d0049290_7102745.jpg

d0049290_711280.jpg


最初のSL写真は第二球磨川橋梁でした。人吉市街地から車で15分くらいの所です。明治41年(1908)にできた橋梁です。

2時間前に到着したときはなんか学校の先生やってました、みたいな格好いいおじいさんカメラマンがもうすでにいらっしゃいました。「こんにちは。」と挨拶してどこでどういう感じで撮るかをカメラ持ってうろちょろして探します。 左から2番目が私の三脚なんだけど、SL通過時にはこれに後5人はいたと思います。後から来られた方は脚立の上から手持ちで撮られていました。

SLがもうすぐ来るであろうという時に、隣にいた、いかにも「鉄ちゃん(鉄道オタク)」みたいな2人組にSLの通過の時間を聞いてみました。「後5分くらいで来ると思います。」と言われしばらく待っていたら警報機が鳴り出して、いよいよ来る!みたいにカメラセットしてレリーズを持って少し緊張してスタンばっていましたら、やって来ました!。黄色い電車が...。


「え!?。」とか思いながらも撮りました。「なんだよ、SLじゃないじゃないかよ。」と思いながら時間を聞いた2人組の方を見たらもう既にいません。急いで車に機材を積んでいます。どうやら彼らはこの黄色い電車を追っかけていたようです。この黄色い電車は「ゆふデラックス」といってこれがこの路線を走るのは結構マニア間ではすごい事らしいのです。う〜、ちょっと分かりませんけど彼らにとってはSLなんてどうでもイイ事みたいでした。その後15分くらいしてから無事にSL通過でレリーズを握って連写しました。この一発勝負の緊張感がたまりません。(^^)


くだらないけど番外編その2につづく...。
[PR]

by rabbit_jun | 2009-06-04 07:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 03日

SL人吉 球磨川第一橋梁

d0049290_7174038.jpg

EF24-105mm F4L IS USM


d0049290_7175540.jpg



嘉例川駅から高速に乗り球磨村に「SL人吉」を撮りに行ってきました。

この球磨川第一橋梁と第二球磨川橋梁は代表的な撮影ポイントです。どちらのポイントにも私は2時間前に到着して三脚をセット。特にこの第一橋梁はそのくらいしないといい場所で撮れません。構図とレンズを決めたら後はひたすら「待ち」です。この待ってる間も他のカメラマンと談笑したり、ときたま列車が通れば撮影の練習をしたりと結構楽しいものでした。私自身写真を始めてからこのようなポイントに行ったのは初めてで、ある意味「人間ウォッチング」が楽しかったです。その模様は番外編で...。

縦か横かでさんざん迷いましたけど、縦で撮りました。1枚目が本命ショット。2枚目はおまけです。2枚目はもう少し引いて撮りたかったのですが他のカメラマンがフレームインするし、電線邪魔だし...。

しかしアレですね。近くの踏切の警報機が鳴り出してSLの独特の音が聞こえてきますとドキドキして結構興奮しますよ。だってこのために車運転して来てここで2時間も待っているのですから。私は近いからいいのですけど、佐世保とか大分とかからも来られていました。しかしSLは一瞬で通り抜けていきます。その後は蜘蛛の子散らすように皆さんいなくなりました。(^^)
[PR]

by rabbit_jun | 2009-06-03 07:18 | EOS 5D Mark II | Trackback | Comments(4)
2009年 06月 02日

SL人吉

d0049290_12444712.jpg

EF24-105mm F4L IS USM
[PR]

by rabbit_jun | 2009-06-02 12:44 | EOS 5D Mark II | Trackback | Comments(4)
2009年 06月 01日

嘉例川の改札

d0049290_12422067.jpg

EF24-105mm F4L IS USM

嘉例川駅の改札です。


赤紙(召集令状)がきて、戦地に行くことになり家族との最後の別れをした人もいたのでしょう。息子とか夫を見送って、涙を拭いた手でこの手すりに手をついてやりようのない寂しさがこみ上げて帰路についたことでしょう。このすりへった改札を見ていると色々と考えさせられました。



d0049290_12433899.jpg

EF24-105mm F4L IS USM
[PR]

by rabbit_jun | 2009-06-01 12:44 | EOS 5D Mark II | Trackback | Comments(0)