ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:整備( 384 )


2013年 03月 07日

臭いクルマは絶対に売れません

d0049290_18493839.jpg


ホンダのアクティー(HA7)が下取りで入ったんだけど、もうとんでもなく臭い!!。エアコン入れるともっと臭い。売れた時にこのまんま納車したら大変な事になります。ネズミがねブロアモーターユニットの中でオシッコとかウンコしてるんだよね。脱臭剤とか巷でやってるクルマの匂い消しクリーニングなんかでこの匂いがとえるわけがありません。こうなったらとことんやりましょう。

徹底的に分解してエボパレーターとかヒーターコアユニットも分解してクリーニング。かかりきりで一日やっても終わりませんでした。(泣)でもここまでしないと売り物にはなりません。徹底的にやると気持ちもいいし達成感もあります。自信を持って販売出来ます。


d0049290_18495249.jpg

d0049290_18504150.jpg

[PR]

by rabbit_jun | 2013-03-07 18:51 | 整備 | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 12日

こんなのが嬉しい

d0049290_18215115.jpg


中古車売れましたので車検整備。出来る限り後でお客様に指摘されないように完璧を目指します。エアコンのスイッチが故障していました。新品注文すると結構な値段。ダメ元で分解して修理。成功しました。もう、こういうのが一番嬉しかったりするんですけど。(笑)幸せを感じます。
[PR]

by rabbit_jun | 2013-02-12 18:24 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 05日

ライフは絶対にベルト式です

d0049290_1854559.jpg

d0049290_186043.jpg

d0049290_1861281.jpg


HONDA LIFE (JB5)のタイミングベルトを交換しました。

P07Zエンジンになって、プラグも6本。以前のE07Zエンジンからフルモデルチェンジ。ウォーターポンプもファンベルト駆動になりました。

実はですね、このエンジン。チェーン駆動っていうふうに信じてる整備士がかなりいるんです。なんでかというと、ベルトカバーがアルミです。いかにもチェーン式という感じ。ぱっと見は「あ、チェーン式ね!。」って判断してしまうのも仕方ありません。でもベルト式ですので10万キロでベルトを交換しないといけません。ホンダをあまり扱わない工場ですと、本当にベルト式って事を知らずに10万キロ過ぎてもずーっと乗ってるケースがありますから要注意!!。

バンパーとヘッドライトはずすと楽勝です。
[PR]

by rabbit_jun | 2013-02-05 18:06 | 整備 | Trackback | Comments(3)
2013年 01月 11日

トーショナルダンパーの不具合

d0049290_12553515.jpg


スズキ(DB52T)のファンベルトが半年前に新品に変えたばかりなのに、切れたと入庫がありました。きれたというよりは縦に細切れになって破断。クランクプーリーに絡み付いてオイルシールが切れてオイル漏れもありました。

クランクプーリーを取り付けてエンジンかけてよく見ると、ほんの1mmくらいですがブレがありました。微妙なブレですけど、高回転で回るわけですのでベルトにとっては影響大なのでしょう。トーショナルダンパー付きのプーリーはたまにこうやって不具合が出て故障の原因になります。このゴムがなくても関係無いように思いますけどね。
[PR]

by rabbit_jun | 2013-01-11 12:55 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 09日

手抜きの車検は本当に危険です

d0049290_18151820.jpg

TOYOTA SUPRAの車検ご用命いただきました。ありがとうございます。前回と前々回の車検はガソリンスタンドに依頼されたそうです。ユーザー車検ではなかったそうですが、預かった時点でイヤな予感が。

d0049290_18152917.jpg

まず、ブレーキ液。何年も何年も一度も交換されていないでしょう。真っ黒です。量もかなり少なくなっていたので運転席のブレーキのインジケーターが時々点灯していました。もう何回も書いていますけどこの液体を交換しないで乗っていると大変な事態になる事もあるのです。長い下り坂で突然ブレーキが効かなくなるのです。


d0049290_18153722.jpg

これは後ろのブレーキパッド。パッドがなくなっています。ブレーキを踏むと時々ガ~っと音がしていました。他のパッドもかなり薄くなっています。新品は1センチ以上の厚みがあります。走行距離4万キロから5万キロおきに交換する部品です。

d0049290_18154695.jpg

前のブレーキホース。ゴムの表皮が切れて中のホースが見えています。普通はゴムのホースに少しヒビが入っている程度でも交換しないといけない部品。このホースにはすごく高い圧力がかかりますので、ホースが破裂するとブレーキが全く効かなくなります。その他にも後ろブレーキのキャリパーシールキット、中のピストンまで交換しなくてはいけませんでした。ブレーキ液の状態を見た時にあらかじめ予測出来ました。


驚くべきことは、前回の車検からまだわずか5000kmしか走行していないという事です。ガソリンスタンドの車検が全てこうだとは言いませんが、GS内にリフトを備えて完全整備しているGSもあります。しかし、ほとんどは指定整備工場に外注です。それを受ける工場のモラルの問題もあるかもしれませんけど自社の直接のお客様ではないから丁寧な整備はしない。何処の誰ともわからない人の車は手抜き。こんな調子です。GSの看板には「ユーザー車検ではありません。」と書いてありますけど格安車検はどこもこんな感じだと思います。リフトに持ちあげて下から目視で点検して不具合があればお客さんの伺いをしてからOKが出たら整備。そんな馬鹿な車検はありません。このような不具合は伺い立てずに整備士の判断で危険と判断したら必ず交換しないといけません。

[PR]

by rabbit_jun | 2012-12-09 18:18 | 整備 | Trackback | Comments(9)
2012年 11月 08日

リンク品が不良品だったら工賃保証するのが当然だろ

d0049290_21534894.jpg


先日の記事でランクルのオルタネーター交換してって記事がありましたけど、それから一週間後の日曜日にお客さんから電話があってチャージランプが付いてやっとこさ帰り着いたって事でした。日曜日でしたけど、クレームでしたので明日のは延ばさすにすぐに30kmくらい離れたお客さんところに向かいました。お客さんは機嫌悪いです。当然です。中古品だといつ故障するかわからないから、値段の高いリンク品を薦めたのはこの私です。そのリンク品と交換したのにまたバッテリー上がりの故障になったのですから。私もその場では申し訳ありません、原因をすぐに究明してすぐに修理してお持ちします。といって乗って帰りました。あ、リンク品というのは中古の部品をOHして中身は殆ど新品で保証もついているので本来なら信頼出来る部品です。

エンジンかけた時は正常に発電するのですが、エンジンが温まると電圧発生しなくなります。そうなるとどうやっても発電しません。すぐに買ったお店に連絡して大至急、別のオルタネーターを送らせて交換して納車しました。それから20日くらい経ちますが今度は大丈夫だったようです。

運が悪かったと言えば仕方ないことですが、ランクルのオルタネーター交換はそんなに簡単な作業ではありませんので、こちらとしても工賃を請求しました。迷惑料までは請求するつもりはありませんでしたが、今日、そのお店から電話があり、工賃保証の件ですがと切りだされ、私も黙って聞いていましたが、ある一言が私の逆鱗に触れてしまいました。「¥3,000でどうですか?。」向こうも様子見で出した金額かもしれませんがそれにしても子供だましのような金額。こちらの様子見だと考えても¥10,000くらい言うのが普通じゃないですかね?。「こちらの立場も考えろ。日曜日に呼び出され、客に怒られ、信頼はなくし、作業をしたのだ。迷惑料までは言わないから、¥16,800払え。今後はもう取引は出来ない。上のものと相談してからまた出なおせ!。」と言って切りました。私もブログに店の名前を出してる以上、あんまり内部的な事は書きたくありませんけど、腹がたって仕方ありません。誰だって予算が許せば、信頼のおけるリンク品を使うのが普通だと思いますが、このような対応をされては今後は心配でこの会社のリンク品はもう使えません。私も長年、この仕事をしていますが中古車を売ってすぐにエンジン故障でエンジンをただで載せ替えた事もありますし、無償修理なんてしょっちゅうしています。リンク品を作り、お客さんに直接接しない会社が儲かり、作業をしてお客さんに接してやっとこさ代金をもらえる私のほうが損をするのが納得できません。

(工賃全額保証で問題解決しました。)
[PR]

by rabbit_jun | 2012-11-08 21:53 | 整備 | Trackback | Comments(12)
2012年 11月 08日

マツダの車検でした

d0049290_18225728.jpg

d0049290_1823831.jpg



友達のS武さんのお車を車検いたしました。ありがとうございました。

まだ45000km。松田のLW3Wです。殆ど悪いところも見当たらず、ブレーキ液0.5L、エンジンオイル、オイルフィルターを交換しました。他に何かするところないかな?。という感じで見回した所、ブレーキのディスクのところが錆色になっていましたのでシャシブラック吹く時についでに黒で塗装しました。ここが錆色だとなんだかな。って感じですよね。この後ホイールもキレイにしたのは言うまでもありません。

それとガラスに油膜が結構付いていましたので、除去しました。バックミラーがキレイだと気持ちがいいですよ。ホームセンターに行かれて、ガラスの撥水剤がありますけど、裏の成分表を見て「シリコン系」と「フッ素系」がありますので必ず「フッ素系」を買われてガラスに塗っておくとこういった水垢が付かなくなりますよ。フッ素系ですと効果も長持ちしますし、ワイパー動かした時にガラスのビビリもありませんので快適です。少し高いですけど。

オイル交換の距離は厳守していただきたいです。ありがとうございました。
[PR]

by rabbit_jun | 2012-11-08 18:22 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 01日

センサー取りました

d0049290_20214983.jpg

d0049290_2022297.jpg



ホンダのディスクパッド。センサーが付いています。パッドがすり減ってくるとやがてこのセンサーがディスクに当たるのでブレーキ踏んだ時に、音を出して交換時期を知らせてくれる訳なんです。

それは親切な仕掛けなんだけど、そのセンサーが長い!。(苦笑)まだまだ短くても大丈夫なんだけど、これだと後1万キロも走れば音がでるでしょうね。いつもお世話になっているお客さんですので車検毎の走行距離は安定しています。センサーを取れば十分次回の車検まで持ちます。だからエアーソーで切断してあげました。
[PR]

by rabbit_jun | 2012-11-01 20:21 | 整備 | Trackback | Comments(5)
2012年 10月 02日

ランドクルーザーのオルタネータ交換

d0049290_19591579.jpg

d0049290_19593011.jpg



TOYOTA UZJ100(ランドクルーザー)のオルタネータ(発電機)不良で入庫でした。入庫というよりも引き取りに行ったんだけど。^^ 現場付いてブースターつないで始動。テスターで計ったら発電量ゼロ。う~ん、ウチの積載車に積めないことはなんだけど…。とりあえずバッテリー外して工場で充電してから再度取り付けて乗って来ました。V6 4700cc。燃費5kmとか6km。時代に逆行するような車です。

工賃表見たら0.8。いやそれじゃ無理です。パワステポンプも外さないと干渉して取れません。おまけにラジエータホースも邪魔。結構難儀な仕事でした。2.0くらいに書き換えておいて欲しいものです。

で、別にただのオルタネータ交換の記事なんだけど、先日買った秘密兵器を紹介したくて記事にしました。その秘密兵器の記事は明日書きます。
[PR]

by rabbit_jun | 2012-10-02 19:59 | 整備 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 17日

クラウンのO2センサー交換

d0049290_14573549.jpg

d0049290_14574851.jpg


クラウン(JZS171)のO2センサーヒーター回路断線で入庫でした。ダイアグで見たら第2バンクに付いてるセンサーが不良の模様。赤い矢印は第1バンク。こっちは楽勝、目の前です。でも今回は黄色い矢印の奥に向こう向きに付いてます。アチャー。

持っているKTCのO2センサー専用工具は狭くて使えません。6角のクローフットレンチでもなんか無理そう。っていうかレンチを振るスペースがない。Snap-onの12角のクローフットを注文しようかと本気で考えましたけど、手持ちの6角をやっとセットして祈るような気持ちで最初の緩め。なんとか少しだけ緩みました。年に数回、こういうケースあります。これで緩まなかったらどうしようみたいな。あとは知り合いから借りてきた22ミリのメガネを切ったやつとスパナで乗り切りました。もう少し整備しやすい所に付けてほしいものです。トヨタの02センサーの値段は比較的安いですけど、スズキとかはバカ高い!。お客さんに申し訳ないような金額。一応、他のO2センサーも壊れる可能性がある事を伝えて納車しました。
[PR]

by rabbit_jun | 2012-09-17 14:58 | 整備 | Trackback | Comments(0)