ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:整備( 382 )


2014年 12月 25日

バモスのウインカー修理

image

image

バモス(HM1)がウインカー付くけど点滅しないとの事で入庫。インパネ裏を覗いて3極のリレー探すも見当たらず。ハーザードオンで一回だけカチって音は聞こえるんだけどねー。調べたらヒューズボックス裏にユニットがあるらしい。

ただ差し込んであるだけなんだけど、ヒューズボックスひっくり返さないとダメ。

アクティー(HA7)にも同様のユニットついてるけど、あっちはオートロックがないからバモスにつけたらロック効かなくなるからダメです。一応やってみたけど。(苦笑)新品価格¥11.000。
[PR]

by rabbit_jun | 2014-12-25 16:07 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 25日

サンバーエンジン再始動不能

image


スバル サンバー(KS4)が突然エンジンが止まってかからないという事で入庫。突然、前触れもなく止まったそうです。実はウチではこれで2例目。最初の時はディストリビュータ交換してもIGコイル交換しても火花とばなくて回り道しましたっけ。2回目ですので学習バッチリしています。

エンジンのフューズを点検。見事に切れています。このフューズの下流には4WDのスイッチ関連とキャブに付いている2つの部品。フューエルカットソレノイドとエアベントカットソレノイド。キャブの右下の2Pのコネクター外して抵抗値を測定。今回は黄色線のエアベントカットソレノイドの不良でした。抵抗値は0Ω。

お客さんができるだけ安くということでしたので解体屋に行って部品取ってきました。部品代は書けません。笑 ま、中古部品なので保証もないのですがこれが一番安上がりの修理方法になりますので。

KS4が突然止まったらまずはエンジンのフューズを点検して下さい。
[PR]

by rabbit_jun | 2014-11-25 20:29 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 30日

クラッチOH2台

image

今日のお仕事はDA63TとDE51VのクラッチOH2台でした。完了しました。ビールが美味しいと思われます。
[PR]

by rabbit_jun | 2014-10-30 17:35 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 22日

キャブレターOH

IMG_5573

これはHONDA Dio。エアクリーナーのスポンジが劣化して触ると砂みたいになります。で、キャブレターの中に入り込んで時々エンスト。再始動困難ってことでした。少し前にもYAMAHAのAprioの同様の修理しました。こっちのDioの方がキャブ外すの数段楽でした。バイクの修理もたまには気分転換になります。
[PR]

by rabbit_jun | 2014-10-22 17:00 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 19日

スズキのAGSの話し

お久しぶりです。rabbit_junです。今日はスズキの勉強会行ってきました。新しいキャリーに搭載されるミッション機構で、その名もAGS。ま、基本的にはマニュアルシフトなんだけどクラッチ操作を機械が自動的にしてくれるというもの。だから当然クラッチ板とクラッチカバーを押さえるベアリングもあるんだけど、人間がクラッチを踏む代わりにアクチュエーターが作動して自動的にクラッチ操作とギア操作をしてくれるというもの。

最初は興味津々で説明聞いてたけど、普通はギアチェンジするときはクラッチ踏んで無意識にアクセル緩めてんだよね。それしないと回転が上がってクラッチ繋いだ時にクラッチ機構に無理がいったり、うるさいし、燃費悪そうだし。(笑)で、人間が操作するよりは絶対に早くするのが理想だし開発陣もそうすると思うんだけど(ギアチェンジの時間聞くの忘れた)早く繋ぐってことは変速時のショックが大きくなるよね。

説明書の注意書き

・AGSはA/Tと比べると変速ショックは生じますが、変速時にアクセルの踏む力を抑えるとショックを軽減出来ます。

・AGSは変速中にクラッチを遮断するため、その間は駆動力は伝わりません。変速時に駆動が抜ける感じがするときがありますが、走りには影響はありません。

て、書いてありました。そのまんま欠点を書いてあるのですけど(笑)。機械が自動的にギア変えるのに合わせてアクセル緩めろっつの?。笑わせんじゃねーよ。実際に乗ってないから乗ってから文句言えって聞こえそうですけど。

しかしねー。なんでキャリーなの?。ちょっと気の利いた人ならアクティー買っちゃうな。故障したらアッセンブリー交換なんだろな。売れてない。中古がない。しょうが無いから新品。修理費ぶったまげー!。って感じかな?。遠い将来の話だけど。別に今まで通り、MT車が主流で、足が悪い人とか面倒くさい人がAT。それでいいんじゃないの?。って感じでした。
[PR]

by rabbit_jun | 2014-09-19 20:33 | 整備 | Trackback | Comments(3)
2014年 01月 12日

webで純正部品を調べる

d0049290_07511710.jpg

http://partsfan.com/search/jp/

常識的なことかもしれませんけど、先日発見したページ。

純正部品の部品番号と定価を調べることが出来ます。これはダイハツのL200S(ミラ)。こんな古い車でも出てきます。見積もりとか出したい時に便利だと思います。





[PR]

by rabbit_jun | 2014-01-12 07:54 | 整備 | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 03日

キャリーのスピードメーターが上がらない

d0049290_18311092.jpg

d0049290_18312433.jpg


SUZUKI DB52Tのスピードメータが動かないという事で入庫でした。入庫というよりも車検。

偶然、同型車がウチにありましたので最初に車速センサーを交換。NG。あれ?。っていうことでECUの何番端子だったか忘れたけど、そこにデジタルテスター繋いで、クルマを手で押して車速センサーからの信号が出てるのこの目で確認しました。よって断線もなし。アースもOK。じゃ、メーターが悪いんだろうということで、メーター交換。NG!。で、メーターの13pコネクターのたしか11番端子に、車速信号が来てるのを確認。たしか13番端子のアースも問題なし。もうここまでやるとあれ〜〜〜〜〜〜?。ってな感じですよ。もう他にやることありません。だって、手でクルマを前に押してテスターの電圧上がる。(約5vとかそのくらい)で、ECUにもメーターのところにも信号はきてる。アースも問題なし。じゃ、なんでメーター動かないの〜?。って感じ。念の為にECUまで交換してもNG。(苦笑)


ちょっとお手上げ状態になったからここでスズキに電話。(笑)すると車速センサー外した穴に指突っ込んでスピードギヤに触ってみてください。ってことだったから、言われるがままに触ってみました。すると、クルクル動きます〜〜〜!。どうやら歯車のスプラインが削れてる模様。

送ってきた部品は対策済っていうかスプライン部分が厚みがましてますな。最初からこうやって作れよ。なんか中途半端に2ミリくらいしかスプラインがないもんな。アホか。スズキ。ま、私もABSの歯車みたいなのが最初から頭にあるからまさか、スプラインが削れてるとは予想もしませんでした。で、なんで手でおした時に信号が出たかというとあまりにもゆっくりだから信号が出た模様。「まさか!?。」てところまでちゃんと点検しないといけないという事例でした。
[PR]

by rabbit_jun | 2013-12-03 18:30 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 02日

Life ATRASの部品の値段はボッタクリ価格

d0049290_16383731.jpg

d0049290_16385045.jpg


HONDA Life ATRASの後部に付いている車椅子のロック装置が動かなくなったという事で入庫でした。点検の結果モーターが故障しています。パワーウィンドウと同等のモーターにギアがセットされていて、モーターのみ、もしくはアッセンブリー交換になります。部品商に尋ねてみるとギア付きのアッセンブリーだそうです。

値段がなんと!¥56,000!!!。ボッタクリもいいところ。ま、予想では\20,000くらいを想像してましたからびっくり。工賃入れたら\60,000以上になります。なんかね〜、身障者のご家族の足元みてるよね。なければどうしようもなく不便ですもんね。生産台数が少ないのもわかるけどもう少しなんとかならんのか?。
[PR]

by rabbit_jun | 2013-11-02 16:40 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 01日

MH21SのスロットルボディーとISCV掃除

d0049290_1734593.jpg


たまに信号待ちでエンストするワゴンR(MH21S) スロットルボディーとISCVを徹底的に掃除。一日一回か2回しかエンストしないんだけど。頼む。これで直って〜。
[PR]

by rabbit_jun | 2013-11-01 17:35 | 整備 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 30日

HA4の燃料ポンプに電源がきてない修理

d0049290_21175667.jpg


HA4のエンジンが走行中止まったということで入庫。燃料ポンプに電源の12Vが来ていません。アースも問題なし。

この車種はポンプ駆動のリレーはない模様。あった方が早く解決しそうな感じですけど。(苦笑)メインキーONの時に12V来る線から引っ張れば済む話ですけど、なんで断線しているのかを知りたいのが整備士の性です。室内引き込み線までは断線無しを確認しましたから、あとはヒューズボックスの裏のごちゃごちゃしたところのこの目で確認したくてたまりません。(苦笑)だからダッシュボード外しました。外さないと確認出来ません。

が、しかし、ここでの断線はなしでした。(残念)これから先確認するにはヒーターコアユニット脱着をしなくてはなりません。諦めます。(涙)コントロールユニットにポンプと同配線の電源を繋いで修理完了としました。釈然としませんけどこれもひとつの方法です。たかが配線一本通すのにはるばるポンプから室内まで張り巡らすよりもスマートだと思います。ま、結果は同じですから。(汗)
[PR]

by rabbit_jun | 2013-07-30 21:17 | 整備 | Trackback | Comments(2)