ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:整備( 383 )


2006年 11月 08日

車検が終わったら

d0049290_12493220.jpg

車検をしましてお客さんにお渡しするときに交換した部品を見せて説明しますよね。

でも、普通の人は私たちが念入りに説明しても返事しててもチンプンカンプんだと思うのですよ。だからこうやって交換した部品を説明する書類を印刷してお渡しするようにしています。それがたとえバッテリー液2本とかでもです。

こうすることによって、ユーザー車検とか最近の格安車検と違ってちゃんとした車検で何故工賃が発生するのか?。どうして部品交換するのかが明確になり、お客さんも納得されてそれに対する対価としてユーザー車検よりも高いお金を気持ちよくお支払いいただければと考えています。(^^)

で、下の方にメモ欄があるのですけどね、そこに「ありがとうございました。ガラスの油膜を落としておきました。(サービス)」とか書いておけばですね効果テキメン?。って思ってんですけどね。(^^)

d0049290_12494336.jpg

MACですとね、こうやってテキストとかを任意に選択してそれをそのまんまDrag&Dropすればデスクトップでもフォルダーでもこうやってメモをちぎったようなアイコンになって、それを何回でもDrag&Dropで使い回しが出来るのですよ。テキストクリッピングって言うんですけどね。windouzにはこれがあるかは知りませんけど、なかなか便利です。データベースソフトで空欄に部品ごとにこのクリッピングを作っておいて、後はドラッグドロップで簡単に書類ができあがります。


[PR]

by rabbit_jun | 2006-11-08 12:50 | 整備 | Trackback(1) | Comments(2)
2006年 10月 18日

昨日の続きです

d0049290_1825754.jpg

昨日の続きを少ししました。

ヘッドガスケットが本社にしか在庫がないということで金曜日までお預けです。(F6AのヘッドG/Kくらい在庫しとけよ!何?足りない(笑))リテーナーが割れてましたけど他のバルブもひょっとするとヒビが入ってるかもしれないと思いましたので、中古のヘッドに交換する事にしました。その方が安心です。電動インパクトを2つ持って解体屋さんに行きました。エンジン降ろしてあったので楽勝でした。(^^)

ヘッド持って帰って確認しましたらインマニが少し違いますので交換しなくてはいけません。HONDAでしたらインマニのガスケットはパコンと綺麗にヘッド側に残って取れてくれます。スズキはどっちに残るかはその時の運です。パコンと綺麗に取れなくて8割方残ってしまいます。

残念なことに、インマニの方にはインマニに、ヘッドの方にはヘッドに残ってしまいました。要するにガスケット剥がしを2回しなくてはいけませんでした。

これが堅い!。エアードリルに付けたワイヤーブラシも歯が立ちません。カッターとスクレーパーで根気よく剥がしました。結構な時間がかかりましたけど、誰かこれの裏技ご存じないですか?。

今日はここまで。ガスケットがこないことには話になりません。


[PR]

by rabbit_jun | 2006-10-18 18:25 | 整備 | Trackback | Comments(4)
2006年 10月 17日

リテーナー真っ二つ!

d0049290_18441830.jpg

d0049290_18444032.jpg

SUZUKI F6A エンジンです。エンジンかからないということでしたけど、2番と3番の圧縮がゼロでした。う〜ん、ついこの前もバルブ突き上げでヘッド降ろして修理やったのにぃ〜ってあれはHONDAでしたけどね。

で、タペットカバーを取ってみたら一目瞭然、12個のバルブのうちに1個のリテーナーがありません。(^^;;で、もう一個はリテーナーはありましたけどコッターが行方不明です。さっそくヘッドを降ろしてみました。久しぶりなものでいざヘッドを取ろうと思っても取れません。んん?ってよぉーく見たらエキマニに一本ボルトを付いているのを見つけました。六角のソケットでも舐めてしまいましたけど、この前買っておいたリカバリー工具のおかげでなんなくクリアー!!。買っておいてホント良かったです。W

d0049290_18445338.jpg

d0049290_1845276.jpg

d0049290_1845118.jpg


ご覧ください。リテーナーまっぷたつ!。で、もう一つのもヒビが入ってます。コッターが先に取れるのはあり得ないと思いますのでまず先にこのリテーナーが割れてコッターがはずれてしまったのでしょう。バルブもあり得ない曲がり方です。バルブ見てると笑いまで出てきます。コッターが2つ行方不明ですけどおそらくオイルパンにでも落ちていったのでしょう。(^^;;

スズキ君は困ったものです。(^^;;

う〜ん、他のも点検した方がイイのでしょうか?。でもね、点検しても割れる時は割れるのでしょうけど...。トホホのホ...。


[PR]

by rabbit_jun | 2006-10-17 18:46 | 整備 | Trackback | Comments(6)
2006年 10月 04日

todayは楽勝です

d0049290_18191681.jpg

HONDA Today(JA4)の車検でした。

この車はドライブブーツが破れているのがとっても多いです。多分ですけどホイールベースが長いのでハンドル切れ角を大きくとってあるのはイイのですけど、ブーツのひだひだがそれについてこれない感じです。切れる前は谷の部分に小さい穴が開いてきてそれがやがて繋がって溝になります。溝になったらハンドルいっぱいに切ったときにすぐにツツツーッと切れるのだと思います。(^^;;

最近は2分割で接着剤とかホッカイロみたいなのでくっつけるブーツもありますけど、それだと部品代が高いのでウチでは使いません。車検だと言ってもブーツゴムを交換するのは結構な手間ですので素直に部品代だけ頂くなんて馬鹿正直な事はしませんけどね。(笑)部品代は安いですから2分割のブーツを使った時の部品代くらいはもらいますよ。工賃でお金もらった方がイイですから。2分割のブーツを使うと早く終わりますけど部品代が高いですから。(^^;;

でもこのTodayはアウターのベアリングだけカツンと素直に抜けてくれるのが殆どですから楽ですね。この車で2分割ブーツを使う工場ってあるのかな?。


[PR]

by rabbit_jun | 2006-10-04 18:19 | 整備 | Trackback | Comments(4)
2006年 10月 01日

アクティーで使いました

d0049290_863910.jpg

先日、改良しましたスピンフリーファンネルをついにアクティーで使う日が来ました!。

ご覧ください。もうバッチシですね!。どこにひっかけてるかというとサンバイザーの付け根の所です。(^^)

この車はウォーターポンプからの水漏れでオーバーヒートという修理内容でした。で、エンジンがカタンカタンと言って止まってくれないくらいの重傷(笑)だったのですけど、修理する前のガスケット切れてるかどうかの判断もこれで見ればとても判断がやりやすいです。(^^)

ついでにタイミングベルト等も10万キロでちょうどナイスタイミングで同時交換になりました。ガスケット切れてなくてお客さんも安心されました。エア抜きするときにこの車はエア抜きプラグが4箇所あります。今までは1カ所エアを抜くたびにラジエータに注水してリフトを上げたり降ろしたりと結構な手間がかかっていましたけど、これにナミナミと不凍液を入れておけば、後はプラグを緩めたり締めたりするだけで途中不凍液を注水する手間もなくなりますし、エア抜きプラグからの不凍液も元気よくチューチューと出てきてプラグを締めるときに苦労するほどでまぁね、気分的にもイイです。(この時に手首にタオルを巻いて作業するのはお約束ですね)

で、暖機運転をするときもこれにたくさん入れておけば後はサーモが開いてファンが回るまではオートマチックですね。安心して他の作業が出来ます。(^^)


[PR]

by rabbit_jun | 2006-10-01 08:06 | 整備 | Trackback | Comments(2)
2006年 09月 26日

ベルト、適当なのがついてました

d0049290_772112.jpg

d0049290_773298.jpg


先日HC11V(アルト)の車検でした。

ファンベルトを交換しなくちゃいけなくなってましてその前にクーラーベルトをはずさないといけません。前にバンパーはずさなくっても交換出来るよ。みたいな記事書きましたけどこれはターボ付き(^^;;絶対に無理です。素直にバンパーはずしてください。

クーラーベルト外そうと思ってネジゆるめてコンプレッサーを押してみたけどビクともしません。よく見ると緩めシロがありません。すでにベルトがいっぱいに緩んだ状態でベルトも小さいサイズが付けてある模様でした。他の工場でタイベル交換してあったけど、そのときにクランクプーリーを付けるときにその辺にあったベルトでも付けたのかな?。って感じでした。

仕方ないのでカッターで切ってちゃんとしたサイズのベルトを付けましたけど、よぉ〜くみたらオイルフィルター行きの2本のウォーターホースがコンプレッサーで挟まれた状態で付いていたのでホースが変形しているのが見えました。このホースって無くてもイイって思うんですけどwこういう余計なのを付けると故障の確率が増えるだけです。(笑)

知ってしまったらそのまんま放置出来ないのでその2本のホースを新品に交換してあげました。破れるような感じでもなかったのですけど、このまんまだと気になって気になって仕方ありませんから。(^^)


[PR]

by rabbit_jun | 2006-09-26 07:07 | 整備 | Trackback | Comments(4)
2006年 09月 21日

バンパー(真心?)補修です

d0049290_21482567.jpg

今日もHA7の車検でしたけど。(^^)

HA7はバンパーの左右(殆ど左ですけど)の鉄板ビスで留めるところが、このように切れてるのが多いですよ。お客さんからは「やっといて。」とか言われませんでしたけど言われない方が私としては嬉しかったりしますけど..。

d0049290_21483931.jpg

こういう工具使います。正式名称は知りませんけど板金用の工具ですね。先にこの針金を曲げたのを差し込んで患部に当てると熱でバンパーの樹脂に食い込んでいくしくみです。で、この先端が波打ってますけどここが「ミソ」ですね。この波打ってるおかげで強度が出るみたいです。


d0049290_21485115.jpg

はい、この場合は5針も縫えば上等です。これだけでも想像以上の強度はあるのですけど、もっと強度が欲しかったらこれにグラスファイバーの繊維を塗りつけます。で、ホントはパテ塗って色塗っておしまいなんですけど、このクルマはこれで終わりです。なんせ「タダ」ですから。(^^;;筆で白を塗っておきます。

こういうのってね、お客さんは絶対に気づいてる訳ですからね、後々、「お!?。」なんて思われる訳なんですね。(^^)v


[PR]

by rabbit_jun | 2006-09-21 21:50 | 整備 | Trackback | Comments(10)
2006年 09月 20日

プラグが割れてました

d0049290_21105330.jpg

d0049290_211157.jpg


クルマからとても大きな音がします。って電話がありました。「エンジンかかるのでしたら乗ってくることは出来ませんか?。」って聞いたら「はずかしいです。」と言われたので(^^;;引き取りに行ってきました。

エンジンに穴が開いたような音がしてます。エンジン見てみたら穴空いてました。

プラグが半分に割れてました。ちょうどネジ部分から2分割です。ネジの部分だけがエンジンに残っています。「う〜ん...」10秒ほど小考しました。一瞬だけどヘッドを降ろすことまで頭をよぎりました。ドライバーとハンマー持ってきて穴の部分にドライバーをぶち込んで12のメガネを引っかけてグッと回したら回ってくれました!。

日頃の行いがモノを言ったのだと思います。w

BOSCHのプラグでした。NGKのプラグに交換して納車しました。(^^)


[PR]

by rabbit_jun | 2006-09-20 21:11 | 整備 | Trackback | Comments(13)
2006年 09月 09日

HA7の整備は注意です

d0049290_12501265.jpg

d0049290_12502163.jpg

HA7のエアコン取り付けをしました。

キャリーを買っていただけるお客さんでエアコン取り付け率はほぼゼロです。逆にホンダアクティーの場合はおおよそ半数の方はエアコン取り付けをされます。キャリーにエアコン付けてアクティーのエアコン無しの場合で同じくらいの価格ですけど、さらにエアコン付けてまでアクティーを買われるのはどういう事でしょうか?w

もう、何台付けたか覚えていないくらいナンですけど、今日も失敗してしまいました。

エンジンのフタ(なんとかリッドっていうんだよねw)のフチに、断熱用のグラスファイバーみたいなのにアルミ箔をかぶせたのが取り付けてありますけど、それが1センチくらい大きく出てるのです。で、そのフチが鋭角なんですよ。整備するときに手を入れるのは当たり前なんですけど、切ってしまいました。少し血が出たくらいで対したことはなかったのですけど、何かのネジを緩める拍子に思わぬ力と反動でぶつけるとちょっと血が止まらないくらいにいくかもしれません。

切ったのは初めてではありません。気をつけてても切るので本当にあぶないです。


d0049290_1250293.jpg

エアコンの配管でコンプレッサーから取り回してこのホースを2本入れるのがメインイベントみたいなモノです。慣れればどうってことはない作業ですけど、一番最初は本当に要領がつかめなくて苦労しました。マニュアルには書いてありませんけど、ガソリンタンクの後方のネジを1本はずすと作業がやりやすいです。



[PR]

by rabbit_jun | 2006-09-09 12:50 | 整備 | Trackback | Comments(4)
2006年 09月 02日

バルブ突き上げやってました

d0049290_18475744.jpg

d0049290_1848745.jpg

d0049290_18481764.jpg

先日、オークションで買ってきてベルト変えてあったって記事書きましたけど、中古車屋狙いでベルト交換したみたいな事書きましたけど、なんの事はない1番気筒のバルブ突き上げやってました。(;´Д`)

タペットカバーを取って、ベルトが新品かどうかをチェックしてタペット調整するときになんかへんな感じはありましたけど、で、3気筒のウチにどれか1気筒が死んでいるのも分かっていましたけどその時はまぁ、プラグコードでも悪くなってるのかな?という軽い気持ちでした。で、あのブログの記事を昼休みに書いて、午後からコンプレッションゲージで見てみたら1番は圧縮ゼロでした。(爆)

という訳でベルト交換してる意味が分かりました。中古車屋さん狙いとか書きましたけど、ベルト切ってダメもとでベルトかけてセル回したら1気筒死んでるけど2気筒で取りあえず走行可能だからこれで出品してしまえ!!。作戦だったみたいです。で、ウチの親方が買ってきて試運転でもしてみれば取りあえず一週間のクレームの期間内に返品も効いたのでしょうけど、そのまんま放置してあってもうクレームとか出したらこっちが逆に「今頃何言ってるの?。」状態です。(T_T)

悔しがっても仕方ありません。バルブ交換すれば元気なエンジンになってくれると思います。もうバルブ交換なんて久しぶりの作業です。このコンパウンドのロゴが年代を感じさせますね。バルブシートのすり合わせは手作業では時間かかりますから、エアードリルとバルブを細いホースで繋いで高速回転でやってあげました。

しかし、モラルもへったくれもないですね。どこの業者が出したのかは分かっていますけど。クレームの有効期間が過ぎれば何言っても通じませんからね。腹が立つけどこればっかしはしょうがありません。親方に「喝!!!!!」を入れたいです。



[PR]

by rabbit_jun | 2006-09-02 18:48 | 整備 | Trackback | Comments(10)