ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 11日

KT6のクラッチOH、それも連続!

d0049290_20552681.jpg


d0049290_2055366.jpg


新年早々、クラッチOHが入庫しました。スバルサンバー(KT6)です。63年式です。

スバリストとか言われている人たちには申し訳ありませんけど、私スバル嫌いです。とくにこのサンバーは...。クラッチOHの時にミッションだけ脱着派とエンジンまるごと脱着派に分かれるでしょうね。私はエンジンまるごと脱着派ですね。もうね、としも、年ですし。精神的、肉体的にストレスを感じるよりも多少時間がかかっても楽な方を選びます。軽自動車でクラッチOHでエンジン降ろすのはこれとミラの5速くらいなんですけどね。軽なんだけど、ミッションが重いんですよ。いや、重いというよりも独特の持ちにくい(笑)構造といいますか...。(^^;;

それとなによりも、このブリキ....。じゃなかった鉄板類の多いこと..。なんだか余計な物が付きすぎですね。設計時にはなかったんだけど、後でとってつけたようなのが多いです。

実はね、去年の暮れにもこのKT6のもうひとりのお客さんのクラッチOHやったんです。連続で来るとは思いませんでした。おかげで少しは早く終わったような気がします。

この2気筒のKT6から4気筒になってKS4、さらに電子制御のTT2、と形式は変わってきましたけどシャシとかはもう殆どといってイイくらいそのまんまですからね。(笑)これからもサンバーを売る限り、このやりにくいクラッチOHの作業はついてくるのでしょうね。(^^;;
[PR]

by rabbit_jun | 2008-01-11 20:55 | 整備 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/6946867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by X at 2008-01-12 14:14 x
昔と今では「整備性」に対する考え方が違うそうです。
昔は「分解・組み立てのしやすさ」「整備しやすさ」が整備性でした。
今は「整備不要の信頼性の構築」これが整備性だそうです。
つまり、「壊れないんだ、だから整備のしやすさ、分解組み立てのしやすさなんてどうでもいいんだ」だそうです。
日産の技術者が言ってました。
メーカーの詭弁に聞こえるのは僕だけでしょうか?
整備不要の信頼性?構築できているのかなー?
Commented by rabbit_jun at 2008-01-13 11:20
Xさん
もう最近の車のエンジンルームは狭すぎですよね。本当に壊れたらどうしようって僕らが思うくらいですから。(苦笑)
Commented by ばったまにあ at 2008-01-13 18:14 x
日産に言われたくない。ローレル メダリスト RD2800乗ってて エンジンブロー。普通に走ってて 白煙を上げて5気筒に。オドメーターは15万キロ(バルブが折れたか ロッカーアームが折れた)私は二度と日産車には乗らない。


<< Appleの新製品の発表です      180000人目でした >>