ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 12日

やりにくいのよね

d0049290_7112189.jpg


こないだ売れたFitにコーナーポールの取り付けしました。

新品のバンパーにドリルで穴開けるのはちょっとばかし緊張しますよ。15ミリのホールソーが必要なんですよ。なかったので買いに行きました。¥1,500を値切って¥1,000で買いました。二度と使うことはないかもしれません。

こういう作業は孤独にじっくりとやりたいんですよ。なのに買っていただいた70才のおじいさんはヒマなもんですから、横でジィィィ...っと見てるンですわ。バンパーはずすときにマイナスドライバーにビニルテープ巻いて養生してライトの下のノックを8箇所こじらないといけないのです。絶対に秘密で作業したいのにジィィ...と真横で見てます。(笑)

勘弁してほしかったです。無事に無傷で作業終わりました。

写真はホールソーと10ミリのキリで大きな穴開けた所。僕が写ってますけど。おじいさんの携帯が鳴ったのでそのすきに携帯で写真撮りました。

ホンダのオプションカタログは工賃が別だからイヤなんだよね。ま、ちゃんともらうんだけど...。その点スズキのカタログは工賃込みで書いてあるのでイイんですけど。
[PR]

by rabbit_jun | 2007-12-12 07:11 | 整備 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/6721752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by m.c at 2007-12-12 12:43 x
その気持ちよくわかりますよ、とにかく初もんはいやでしたね。クラウンとか高級車にポール装着、穴あけもそうですが、ヘッドライトとるのも緊張しました。初期ワゴンRのスポイラーで、ゲートにドリルこれは数こなしたので鼻歌まじりでした。出入りの電装屋の若い衆がヤナセでベンツにポールつける際に左右を間違え穴を開けたそうな、多大な請求とお叱りが・・・お~怖っ。ハンドル両方あるとはいえ確認不足ですね。私なんぞは誰か呼んできて念のため見てもらっておりました(^^)
Commented by Ten at 2007-12-12 23:10 x
監視されながらの作業、ご苦労様でした (^o^)
横でジーっと見られるの確かに嫌ですよね。
特に傷が付きやすい作業とか大きな音が出る作業は。。。(^_^;)
Commented at 2007-12-13 00:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rabbit_jun at 2007-12-13 18:07
m.cさん
おぉぉ...。ベンツの件。それは怖いですね。間違いに気づいたときは身の毛もよだつ..。ってこの事だと思います。私が客だったら修復じゃなくてバンパー新品交換かな?。当然。
Commented by rabbit_jun at 2007-12-13 18:08
Tenさん
ふつうの作業は全然見てもらっても構わないですけどね、こういうデリケートな部分は手荒なこともしないといけない事もあるので客の目の前では出来ない事もあるのです。
Commented by rabbit_jun at 2007-12-13 18:09
Nさん
確かに...。私ねこういうオプション取り付け作業が一番苦痛なんですよ。時間ばっかしかかって結構頭を使うし。
Commented by at 2007-12-13 23:40 x
必死に事務所へ誘導します(・∀・)9
でもたまに「見てるのが好き♪」とか言われると
仕方なく公開します_| ̄|○

雪国でわ、タイヤ交換の際、融雪剤の錆で
取れにくくなったホイールを
大ハンマーで外すのが定番なんですが
あのデッカイハンマーをお客様のクルマ向けるので
どうしてもヴィジュアル的に良い印象がありません。

そこでうまく誘導してお客様が見てないところで
自慢のパワーを発揮するわけですが・・・
以前、上手く事務所に向かわせた後に
よっしゃ行くぜ(・∀・)9とハンマーを構えたところに
「忘れ物♪忘れ物♪」と戻ってきたお客様と鉢合わせ_| ̄|○
Commented by rabbit_jun at 2007-12-14 10:48
丑さん 
事務所誘導したかったけどどっからかパイプ椅子を見つけてきて監視されてました。バンパー取り外す時は真横50センチの距離でした。(涙)
ホイールが取れないといっても普通のハンマーで叩けば取れます。南国は。(^^;;


<< すごい技術です!      B122の修理 >>