2007年 03月 16日

バッテリー端子の割れ

d0049290_1312183.jpg


車検でお預かりしましたら、バッテリー端子のゆるみを点検してスプレーグリスを吹きかけておきます。今日は端子が割れていましたね。(^^;;

こうなると、セルモーターが回らなかったりしますから見逃すと大変ですよ。見た目接触してるからイイじゃんって感じですけど、大きな電流を必要とするとダメですね。豆電球を付けるのでしたらほんのちょっと接触していればOKですけど。このヘンが電気のおもしろい所ですね。バッテリーの端子を綺麗にする工具もあります。私は持ってませんけど。(^^;;


ターミナルを新しく交換して作業終了です。印象的にはダイハツがこうなってるのが多いって感じですけど、これはスズキでした。
[PR]

by rabbit_jun | 2007-03-16 13:12 | 整備 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/4969148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2007-03-17 00:53 x
拙者的にわスバ○サンバーとかが確率高しwww
Commented by 三流整備士 at 2007-03-17 10:29 x
これは軽トラ全般に言えることではないでしょうか?
電装品が少ないためバッテリーが長持ちしすぎますからね。
電解液がターミナル部から噴出すようになったら腐食防止対策が必要です。
年数経ってるバッテリーなら、ターミナル割れ回避のため
液噴出しを寿命と捉えてもいいのではないかと僕は思います。
Commented by rabbit_jun at 2007-03-18 08:40
丑さん
あ〜、SUBARUね、忘れてましたぁ。(笑)
Commented by rabbit_jun at 2007-03-18 08:42
三流さん
そうですね。高性能のバッテリー診断機が欲しいです。電気ですからね見た目じゃ判断できない事もありますし、口で言っても証拠がないとお客さんも納得されませんからね。(^^;;
Commented at 2007-03-18 14:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 室内清掃の工具      DA63Tのアンテナ交換(^^;; >>