2006年 06月 23日

船外機の修理しました

d0049290_21594877.jpg

d0049290_21595873.jpg

d0049290_220665.jpg

ちょっと前には発電機の修理がありましたけど、その時書いてました船外機の修理依頼がありました。(^^ゞ

車検を取りに行って帰ろうとしたら「じゃった!。」とか言われて倉庫の奥の方から出してきました。スクリューがロープを巻き込んで中の安全ピンが外れているのでスクリューが回らない。と言うことでした。ついでにキャブレターOHも依頼されました。

私にこのスクリューの安全ピン云々と言われましても全然何のことだか分かりませんけどw引き受けてしまいました。バラしてみてなんかはずれているのは確認できたような出来ないような。(笑)組み付けてキャブもOHしましてね、バイスにはさんで試運転しましたらスクリュー回転しましたよ。(^^)

キャブの中もこんな感じでしたのでキャブクリーナーを噴射してしばらく待ってからエアで掃除します。バラせる所は全部バラしてやりますよ。ノズルの0.4ミリくらいの穴が詰まるとそれだけでスローが効かなかったりしますからね。慎重にやらないとおじさんが湖の真ん中で一夜を明かさないといけない状態になりますからね。w

バイクの組合には入ってませんので詳しい工賃とか知りませんけどたしか¥3.500だったような。(スクーターだったら)それよりもキャブを外すのは簡単でしたので¥2,500にしときます。スクリューはサービスです。(車検同時ですから。)よく考えたらちっと安すぎでした。久しぶりにガスケット紙をはさみで切ってポンチで穴開けたりしました。


応援クリック頼みます!
[PR]

by rabbit_jun | 2006-06-23 22:00 | 整備 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/3290455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ten at 2006-06-24 18:19 x
頼りになりますね!!
ガスケット紙とは懐かしい~。自分では加工した記憶がありませんが
見た事はあります (^_^;)
Commented by toppo-trx at 2006-06-25 01:13 x
ほんとわエマルジョンチューブわ、
エアブローで清掃しなきゃならないんですけど、
やっぱり万全を期するなら、
配線コードを一本抜き出して、
グリグリしてあげたくなりますね(・∀・)
Commented by rabbit_jun at 2006-06-25 07:02
Tenさん
私も久しブリに使いました。たまたまあった物です。朱肉を塗ってからスタンプみたいにして型を取りました。w
Commented by rabbit_jun at 2006-06-25 07:04
toppoさん
はい、まぁね、片目つぶって上向けて穴が開いてればオッケーということで(笑う)もしつまってたらエレキギターの弦が一番よかみたいです。w
Commented by ばったまにあ at 2006-06-26 10:42 x
船外機のペラのナットは整備の時は指で締め付けてから半周レンチで回して ステン割ピンでロックします。 そして水槽でフルパワーを架けて滑りを試験します。それで滑るなら(エンジン回転が突然上昇するのでわかる)ぺラ交換です。半周締め付けを守らないと(これ 重要です)アイドルで沈み瀬にぺラをぶつけても ぺラを失います。
試験を実施してない事を 船外機オーナーに必ず伝えておき また滑るならぺラ交換してください。
Commented by rabbit_jun at 2006-06-26 12:37
ばったまにあさん
ご親切にありがとうございます。そこまでは全然知りませんでした。ペラのナットは半周かは覚えておりませんけど確実にしましたけどね。ただ、おじさんには「うちは水につけて試運転はしていませんからね。」とは伝えてあります。まぁね、そういうのも含めてペラ修理は無料という意味もあったのです。(^^;;


<< プジョー307を作ってます      リカバリー工具買いました >>