ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 13日

オイルシール

d0049290_7244778.jpg

d0049290_7245811.jpg

先日行ったベルト交換ですけど、その作業に付きもののオイルシール交換です。

オイルシールは、エンジンにはたくさんついています。カムシャフトシール、クランクシャフト(フロント、リア)オイルポンプシール、バルブステムシールとかですね。オイルが漏れないようにしてくれてる訳なんですけど、写真みたいなヤツですね。

外側の縁の所には金属が入ってます。リップといって回転軸に当たる部分は尖っていますね。で、この部分のゴムは柔らかくてスプリングによって締め付けてあるしくみですね。単純な仕組みですけどこれでよく漏れないモノだなと関心してしまいます。オイル交換をサボったりしますとこういうシール類も硬化したり摩耗したりして漏れが始まるわけですね。

これはカムシャフトシールで回転軸についていますけど、エンジンのバルブステムシールといってバルブの棒の往復運動のシールもあります。小さくてですね軽自動車でしたらバルブは直径が6ミリくらいでしょうか?。しくみは一緒でやはり小さな小さなスプリングが入っています。これがオイルが漏れ出しますとね、エンジン留めておいて始動したときに青い排気ガスが出るようになりますね。燃焼室にオイルが流れ込んでそれが燃えるから青いガスになるんですけどね。一般に「オイル下がり」って現象ですね。(;´Д`)
d0049290_725955.jpg

シールを付けるときは丸見えの時はプラハンと10ミリのディープソケットでやっちゃう時もありますけれど、(^^ゞ手が入らない所の交換時には写真みたいなSSTを使って装着します。綺麗に作業出来ます。\(^_^)/

いつもクリックありがとうございます\(^^)/

[PR]

by rabbit_jun | 2006-02-13 07:25 | 整備 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/2681535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ten at 2006-02-13 21:20 x
シール挿入。要領かまして2~30分格闘した事があります (>_<)
上を押したら下が出てきて右を押せば左が出てきて。。。
SSTがあるとそんな苦労も無いんですね~。使ってみたかった (^_^;)
Commented by rabbit_jun at 2006-02-14 07:15
Tenさん
あー、そうですね。トランスアクスルのサイドシールはよくそうなりますねぇ。(笑)この場合は軸ですからネジを利用して出来ますけどね。
Commented by でこ at 2006-04-13 14:52 x
新品のシールって、きれいな色なんですね。固くなったオイルべったりの使用後のシールしか見たことないもんで。Tベルト交換と一緒に、近くの工場にお願いしましたが、安くしていただきました。交換した部品は返してくださいと頼んでおいたんですが(見たかったので)、WPまで返していただきまして、捨てるのたいへんでした。hi
Commented by rabbit_jun at 2006-04-13 19:59
でこさん
そうですね、これは社外品ですので青ですね。純正は黒です。やはりふつうの工場は修理して交換した部品はお客さんに見せるためにクルマに乗せておきますね。


<< 焼き肉偽装問題!      バッティング練習しました >>