ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 17日

こんなのはじめて!!

d0049290_1822212.jpg

d0049290_18223390.jpg

ホンダHA4(アクティ)H3年式14万キロ走行

お友だちからタダでもらったクルマだそうです。車検いたしました。車検前の下回り検査の時にディストリビューター(知らない人は以前の記事参照してください)の付け根から激しく!オイル漏れしているのを確認しました。もうオイルが漏れてそれにホコリとか泥が付着してヘドロ状態でものすごかったです。

車検終わって各点検作業です。もちろんここのオイル漏れをなんとかせんといけません。ディストリビューター付け根のエンジンヘッドの間のOリングを交換します。同時にもちろんディストリビューターキャップを外して中身を点検します。

「うぉぉぉ!!こんなのはじめてぇぇ〜!」

って感じです。中身はオイルが入り込んでめちゃくちゃ状態です。こんな状態でもエンジンは問題なくかかっておりました。(まぁ水分ではないので)右のローターとカバーをとってディストリビューターの中を見ましたら中は綺麗でした。たまに軸のオイルシールがダメになっている場合もあるのですけどそれではなさそうでした。ディスキャップのところのパッキンも出来れば交換したかったのですが、在庫がなかったそうで(よく考えればオイル漏れを修理すれば良いのです)。

付け根のOリングですけど一見、一個しかないような感じですけどよく見ると(分解すると)2個ありますから、これを新品に交換してオイル漏れをシャットアウト!します。(*^-^*)

いつもクリックありがとうございます\(^^)/

[PR]

by rabbit_jun | 2006-01-17 18:22 | 整備 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/2544282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ばったまにあ at 2006-01-17 21:05 x
これ よくよく考えると 火災の危険が有ったんじゃ無いですか?。デスビキャップ内部に酸素が無かったから 火が付かなかったんじゃないだろか。
Commented by Ten at 2006-01-17 22:11 x
最近はほとんど見なくなりましたよねデスビ。
整備工場ではまだまだ見る機会があるのでしょうか?
流石にポイント式は滅多に無いと思いますが。。。(^_^;)
オイルにじみなんかはよくありましたがこれはまたすごいですね。
普段は目に付かないのでこうなってる車は多いのかな?
Commented by toppo-trx at 2006-01-18 01:09 x
ホンダ車にわ2つついてるんですよね。
インスパイアのデスビ修理の時に、
部品屋さんにデスビのOリングを注文した時、
二つ持ってきてくれたので、
「あれ?一個でいいよ?」
と言ったら、自信満々で、
「そう見えて実は二つあるんですよ~」
と教えられましたorz

Commented by rabbit_jun at 2006-01-18 12:46
ばったまにあさん
言われてみればそうですね。容積が小さいので酸素が足りないでしょうね。

Tenさん
車検となりますと、いまだにポイント交換をすることもありますよ。車種はキャリーかサンバーに限定って感じですけど。(^^;;ここまでひどいのは初めて見ました。

toppoさん
そうですね、カラーを取るのが固いのがありますよね。固いって事は漏れないって事かも知れませんけど。(^^;;
Commented by クルマ屋 at 2006-01-20 15:56 x
へーー。ホンダは外から見えないところにOリングがもう1っあるんですね。
似たケースの分解過程を書いた記事はどこかにございますかぁー?
勉強になりました! ポチリ♪
Commented by rabbit_jun at 2006-01-20 17:46
クルマ屋さん
そうですね、ここの部品は時々交換しますので今度記事にしますね。意外と知られてないかもですね(^^)


<< ギリで見れませんでした      鉄拳制裁しました >>