2017年 04月 11日

S210P ハイゼットのライトつかない

d0049290_18564231.jpg


ダイハツ S210Pダンプ。ヘッドライト下向き点かないで入庫。

両方つかないって事例で実は球切れって本当によくあるのでまず点検。球切れなし。信じられないかもしれないけど両方球切れってよくあることです。ここでファイネス繋いでディマースイッチと配線図資料をゲット。スイッチ点検。結果は正常。ってことは残るは配線修理。ネズミがかじった事例も多々あります。ヒューズボックスの裏あたりでないことを祈って点検していきます。ディマースイッチから出たカプラーのところで導通ありません。カプラー抜けません。線は軽い力で抜けました。ここの断線が原因。バイパス配線して完了。

実作業はハンダ付け2箇所で完了なんですけどね。修理代金は¥8,640もらいます。後で聞くと簡単な修理に感じますが、原因にたどり着くまでが手間と時間がそれなりにかかります。
[PR]

by rabbit_jun | 2017-04-11 18:57 | 整備 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/24081479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< DA63Tたまにエンジンかからない      スバル・サンバー カム角センサー波形 >>