2015年 03月 13日

シャフトブーツはメーカーで全然違います

d0049290_19105360.jpg


ドライブシャフトブーツの交換。破れてたら車検通りません。2年持たないと判断したら破れてなくても交換したりします。最近はこうやってシャフト分解しないで接着剤でくっ付けるのが主流なのかもしれませんけど、ウチじゃちゃんと交換します。だって、あのくっ付けるヤツ、高いじゃないですか。分かってますよ。アレ使えばラクだって。でも、出来る限りお客様の懐に優しくということでわざわざこうやって分解してやってんです。あ、驚かれるかもしれませんけど、付帯作業料金?。ウチじゃタダでやってます。だからやんない方が楽なんです。修理依頼ですとね、美味しい作業なんですけど普段からちゃんとやっていますので途中で破れてカラカラ音がするからどうにかしてって依頼は殆どありません。

で、ま、コレの場合はアウターが抜けなかったから分解してんですけどね。右に赤い箱あるでしょ?。ここのメーカーの奴はいいんです。何がいいかってブーツのゴムに余裕があるんです。ハンドルいっぱい切った時のゴムに余裕があります。余裕があるってことはヒビが入りにくい、イコール破れにくいってことです。ちなみに大野社製(青い箱)は余裕ありません。事実なのでちゃんと社名も書きます。もうね、全然違いますよ。びっくりするくらい。

最近は樹脂製になってきて破れにくくなってますけど、どうせちゃんとやるのなら破れにくい製品を使ったほうがましです。さっきも書いたように付帯作業料金無しでやってますんで。(苦笑)
[PR]

by rabbit_jun | 2015-03-13 19:11 | 整備 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/21627802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 球磨川の桜 2015      Boseのスピーカー >>