ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 16日

アクティーのエア抜きの方法

d0049290_18282347.jpg


今日の朝イチでこないだのHA7のインマニ取り付けて組み立て完了。その後はラジエータ不凍液注入してエア抜きしないといけません。で、このホンダの場合、人それぞれコツみたいなのがあるのかもしれませんけど、私がいつもやってる方法は以下のとおりです。

Snap-onとかMactoolsから出てる、エアーフリーファンネルっていう工具。もうこれがないと始まらないっていうか不可能です。ラジエータについてる黄色い漏斗の事。Amazonにも¥4,980で売ってます。

前を持ち上げて3箇所の(ATは4箇所)ブリーダーを緩めてラジエータ液が出るまで(十分たくさん出します)開けます。

前のナンバープレートの裏辺りにロアーホースがあります。そこを右手で揉みます。これでもかっていうくらい揉みます。するとエアがポコポコ出てきます。

エンジンかけてアイドリングで放置。ヒーターから温風が出るのを確認。

十分、温風が出るようになったらヒーター停めます。停めないといつまで経ってもラジエーターロアーホースが温まりません。ヒーター停めると割りと短時間でロアーホースが温まります。ときどきロアーホースを先ほどの要領で揉みます。

ロアーホースが十分あたたまったら、エンジンを軽くふかします。するとすぐにファンが回ります。時間をおいて3回くらい回したら完了です。


以上が私の方法ですけど、これで失敗したことはありません。
[PR]

by rabbit_jun | 2015-02-16 18:28 | 整備 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/21562870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 整備士のたまご at 2015-02-22 23:53 x
この光景は荘厳ですね(笑)
いつも修理事例、おすすめ工具参考にさせて頂いてます!ありがとうございます!

僕のお店もアクティ、バモスが主力ということもあって我慢できずコメントさせて頂きました(笑)

他メーカーに比べると整備士泣かせなアクティですが、さわればさわるほど自分が引き込まれていく不思議な車です、コアなホンダ党も多く、旧型の砕けない神話をこの型で終わらせたくないですね。

場所は遠いどすが、小林ラビット商会さんと同じく魂削って整備してますので、また拝見させて頂きます!





Commented by rabbit_jun at 2015-02-26 11:57
整備士のたまごさん
コメントありがとうございます。最近コメントが少ないのでなんでかな?。って思ってます。(笑)時々気が向いた時に更新しています。またコメント下さい。


<< 処方箋なしでも買えるよ      アクティーのインマニのガスケッ... >>