2015年 01月 29日

CCAが異常に高い時は注意

d0049290_17423040.jpg


平成22年式のエブリィ(DA64W)が車検で入庫でした。

これといって不具合もなく良好でした。バッテリーを点検。ウチは日立のCCA測定のヤツ(充電制御車対応)使ってます。「もーそろそろ弱ってる頃だよなー?。」みたいな事考えながら数秒待つと結果が出ます。その結果にびっくり。SOH(健全性)が100%です!。そんなバカな。一度も交換してないし。

規格値が270CCAで現状は269CCA。どう考えてもおかしいです。経験上では5年経つと大体、パーセンテージで言うと10%から30%くらいの値を示すのが多いです。まさみさんの整備ブログをいつも読んでますけど、先日、まさにこれといった記事が書いてあったのを思い出しました。古いバッテリーで異常に高いCCAのバッテリーはおかしいという事です。詳しいことは書きませんけど、バッテリー内部で異常な事が起こってるというわけです。ある日突然、うんともすんとも言わなくなるという事です。

お客さんに電話。これこれこういうわけでと。まね、バッテリー替えなくても車検には問題なく通るのですから交換するときは一応お電話してお伺いを立てます。今現在では問題なくパンパンかかるので説明も大変なんですけどね。(苦笑)これを言わないで、納車して明日にでも出先でエンジンかからなくなるとお客様に怒られますから。それを回避する意味でもちゃんと伝えとかないと。

昔のバッテリーみたいに少しづつ弱くなっていくんじゃなくて、今のバッテリーは本当にさっきまで平気だったのに突然ダメになりますからね。で、このDA64WとかMH22Sとかは充電制御車のリストには出てこないけどしっかり充電制御車なのでちゃんとそれ対応のヤツ、つけないと近い将来(2.3年先?)にバッテリー上がりで信頼を損ねちゃいますよ。お気をつけて。
[PR]

by rabbit_jun | 2015-01-29 17:41 | 整備 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/21515084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ホンダ GD6のプラグ交換      アクティー(HA7)のアクセル... >>