2012年 08月 17日

エンジンOHはもうしないかも

d0049290_1755834.jpg

d0049290_17534750.jpg

d0049290_17535894.jpg


ホンダのエンジンをOHしてます。オイル下がりがありました。

エンジンの燃焼室(ピストンが上下して爆発するところ)にはバルブといって、上下運動をするのがあるのですけど、その6mmくらいの棒にオイルシールが付いていてそれが硬化したのでエンジンオイルが燃焼室に入って消費するのです。原因はね、オイルを交換しなかったから。もう写真見たら一目瞭然ですよね。で、なんでオイルシールっていうゴムが硬化するのかっていうと、エンジン内でガソリン成分とオイルが交じり合うのです。これは仕方がない事なんだけど、それをリセットするのがオイル交換なんです。シールに使われているゴムはオイルには何時間浸っていても硬化はしませんけど、ガソリンに浸してたらすぐに硬化してしまいます。これはたまたまエンジン内にオイルが入っていく状態になりましたけど、シールが硬化してオイルが外に漏れだすのも多いですよ。

で、もう普通はね、こんなことしません。(笑)中古エンジンに載せ替え、またはリビルドエンジンに載せ替え、それかもうクルマを替えてもらう。クルマ替えてもらうのが一番いいんだけど、ちょっと事情があって作業してるわけなんですよ。時間的制約もないのでひまなときに、作業しています。もう仕事ではなくてちょっとした楽しみになってきてます。(^^)ヘッド組み立てたら一段落です。

エンジンもね、徹底的にばらしてキレイにすると、こんなになりますよ。新品みたいでしょ?。バルブ付け替え作業なんて超久しブリにやりました。ヘッドを組み上げて、エンジンの上に載せてバルブのクリアランス調整して…。もうここまで来たら後は早いんですけど、今日も色々と作業があってこれには全然手を付けられませんでした。

最近のエンジンはカムの角度をコンピューターが制御して、その部分は分解不可っていうか分解すると組み上げられない仕組みです。もうそうなると我々もお手上げ。こんな地道な作業もなくなります。作業がなくなってもいいんですけど、後20年もしたら、そこらへんの小さい工場はなくなりますよ。ディーラーと一部の大きな工場のみがクルマの修理をする時代がもうそこまできています。

ひょっとすると、この作業ももう最期かもしれません。超久しぶりに最後の作業をしてます。って感じです。
[PR]

by rabbit_jun | 2012-08-17 17:55 | 整備 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/16650534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by X1号 at 2012-08-18 21:33 x
ホンダですね。
E07A、車体はそうですねえ?この汚れ具合はアクティと見た。
Commented by rabbit_jun at 2012-08-19 12:27
はい、そのとおりです。ヘッド組み上げてから先に進みません。(^^;;



<< JB5の車検でした      フローランテ宮崎に行った >>