2012年 06月 09日

やはりリコールでしたね

d0049290_7111527.jpg



私が以前に書いた記事でE07Zエンジンのヘッドガスケット交換。

この不具合は欠陥じゃないのか?。という事を書いたわけですけど、HONDAが欠陥を認めたようです。ホンダをよく扱う工場ではもう既に常識になっていて、誰もが知っていることです。いままでに、何度もこの修理をしています。お客さんに結構な金額を負担していただいたり、私も半額でした事もあります。

もう少し早い段階でリコールして欲しかったです。
[PR]

by rabbit_jun | 2012-06-09 07:11 | 整備 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/16015229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 通りすがり at 2012-06-12 22:01 x
リコールがでたならば、いままでの修理分はメーカーに請求できるはずですが
Commented by rabbit_jun at 2012-06-12 23:02
HONDAに問い合わせていまディーラーさんに相談中です。
Commented by taka at 2012-08-31 18:18 x
私も平成15年式のバモスに乗っていました。3月の中頃にダッシュボード付近からミスの流れる音がし出し、水温警告灯が点滅しはじめました。いろいろインターネット上にも書かれていたので、ガスケット抜けと思い修理の金額を確認すると10万以上の答えが出たので、年度末ということもあり、無理をして買い換えることにしました。当然下取り価格は二束三文。
 すると、5月の末に保証延長!最悪のタイミング。メーカーへ苦情を言っても「売ってしまった人には何も補償は出来ない」こちらとしては、不具合があったので下取り価格が付かず、損害を被っているが対応は出来ないの一点張り。しかも、以前に修理した人も領収書の残っている人だけ返金するという有様。メーカーはリコールではなく、こっそり「保証延長」をし、ユーザーへはDMも送らないと言う。
 リコールなら現有車全部を整備する必要があるが、保証延長なら不具合があって、気づいた人だけが対象となる。
リコールであれば新聞等にも発表されるが、「保証延長」は密かに発表という企業姿勢。私にはただ電話でマニュアル通り謝罪するだけ。これが一流企業の対応かと呆れました。同じ様な境遇の人ももっと声を上げよう!
Commented by rabbit_jun at 2012-08-31 22:33
私もディーラーに相談しましたが、当時のヘッドガスケットの仕入れ伝票とか領収書が必要と言われて、なんか面倒くさくなって諦めました。ホンダの対応には少しがっかりです。
しかし、修理代金が10万以上というのは高すぎる気がします。二束三文で下取りしてオークションに横流ししてかなり儲かったでしょうね。バモスは人気ありますから。


<< あじさい      ハードル練習 >>