ぼっけもんブログ2

rabbitjun.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 03日

DA63Tオーバーヒート

d0049290_7105056.jpg

d0049290_7113743.jpg

車検3台コースの今日はちっとばかし疲れたけど、修理は容赦なくやってくる。(^^;;

「やっとこさここまでたどりついた。」というお客さんのDA63T(スズキ)。どれどれと見てみるとアイドリング状態で3気筒の内だぶん1本しか燃えていないような感じ。「よくここまで乗ってきた!。」(^^)

それよりなによりこの甘いにおいは何?。って感じでラジエータを見てみるとご覧の通り、ラジエータの中央部分が壊れていてそっから水が漏れている。論より証拠でバンパーも同じ部分が壊れていた。でもおじさんは何も記憶がないそうで..。(^^;;

んで、結局オーバーヒートなんだけど、エンジン片肺状態はなんで?。って思ってみたらエンジン上部の樹脂のカバーは熱でひん曲がっていた。そのカバーを取ってみたら3気筒の内の2番と3番のコイルがもう既に熱で死んでいた。見た目は変わらないけど内部で変化があった模様。このコイル1個¥9,000です。(^^;;1番のコイルは今のところ大丈夫だがこれは後に悪くなった時にでも交換だ。すでにラジエータとコイル2個で¥30,000以上の部品代だ。(^^;;

とりあえず今日はこれで保留。明日になってからガスケットがいかれたかは見ようと思う。メタルガスケットだそうだからめったな事じゃいかれないかもしれないけど...。

しかし、ディストリビューターのメンテナンスがフリーになった分、こういう時に思わぬ出費になりますね。ひょっとしたらこの前のHA12Vで私がスズキをバカにしたからそのたたりかもしれない。(笑)

いつもありがとうございます。

[PR]

by rabbit_jun | 2005-08-03 07:11 | 整備 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/1451968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from まさみの 整備日記 at 2005-10-15 19:00
タイトル : ダイレクトイグニッション
ダイレクトイグニッション 最近の車には ディストリビューターが付いていません。 つまり、ハイテンションコード(プラグコード)も無いです 少し前までは高級乗用車やスポーツカーに使われていましたが、最近の軽自動車もダイレクトイグニッションコイルを使ってます。 時代が変わるのは速いですね(^_^;) 何故使うのかって?電気的なロスを抑えて燃焼効率を上げるためと言うのが本音でしょう 電気的なロスが減ったため その分 馬力も出ますし、燃費も良くなります さてこのダイレクト...... more
Commented at 2005-08-04 01:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まさみ at 2005-10-15 19:07 x
お久しぶりです(*^_^*)

ダイレクトイグニッションコイルは高いですね(>_<)
三菱ミニカ用は一個6300円でした

防止策として スパークプラグを換えること位しか出来ないのは痛い!
私が見ている限り 3万Kmでスパークプラグ交換していれば 壊れていないですよ(*^-^)ニコ×2

でも 5万kmスパークプラグを交換しないと コイルが壊れるのが多いみたいです(>_<) 
これは人災だと私は思います
Commented by rabbit_jun at 2005-10-16 07:28
ありがとうございます。白金プラグも5万キロくらいで交換した方がイイでしょうね。(^^;;


<< 正規の料金いただきます      田舎はいいです >>