2005年 07月 01日

E07Aのタイミングベルトカバーについて

都会では軽自動車はごくわずかだろうが、田舎だったらおよそ半数くらいは軽自動車みたいな感じだ。

このE07Aエンジンもつい最近まで、アクティー、ストリート、トゥデイ、ビートなどに搭載されたエンジン。だからいまこのエンジンのタイミングベルト交換作業は旬を迎えていると思う。

田舎だったらおなじみのこのエンジンも都会の整備士にはなじみが薄いと思うので老婆心かもしれないが一言。
d0049290_21225128.jpg

d0049290_212333.jpg

タイミングベルトカバーを脱着するには構造上、タペットカバーを取らないと(カパッとあけないと)いけないような感じであるが、それはしなくてもいい。取るのは問題ないと思うが、組み立てるときは写真のように車体側とケースの縁のゴムにCRCを吹いて、はめれば何も問題なくはまる。

後、あらかじめオルタネータのプーリーをインパクトで取っておくとスムーズに作業が進むと思う。

いつもお越しいただいて感謝しています。
クリックをぜひ!お願い致します!。


[PR]

by rabbit_jun | 2005-07-01 21:24 | 整備 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rabbitjun.exblog.jp/tb/1146574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< JB1(ホンダライフ)のエキマニ交換      ウンコネタです。(^^;; >>